子宝・安産・出産・妊娠のお守りに-パワーストーンアクセサリーショップ夢工房マハロマカナ

妊娠したいネット マハロマカナ マハロマカナ

不妊治療・不妊症「子宝ねっと」

京都・奈良☆妊娠力UPの体質改善子宝リンパマッサージサロン

妊婦Life☆ママLife

不妊症応援サイト☆子宝祈願☆

男性不妊治療ガイド

妊娠しやすい身体作りと環境作り

ホーム関東地区の子宝・安産スポット
関東地区の子宝・安産神社・寺院・温泉紹介


伊香保温泉
伊香保温泉は古くから子宝の湯として親しまれ、婦人病・不妊症に効くといわれています。
有名な石段街を登れば、子宝神社で有名な伊香保神社もあります。
 子宝まんじゅうも売っています。
 
住所:群馬県渋川市伊香保町541-4

出流山満願寺
満願寺奥之院拝殿の近く、剣が峰山腹に鍾乳洞が多数あり、鍾乳石で自然にできた
「十一面観音菩薩」は子授け安産、の利益があるといわれています。
HP:http://www.idurusan.com/
住所:栃木県栃木市出流町288 
TEL:0282-31-1717
 
子安地蔵
子安地蔵は、安産祈願の地蔵としてはもちろん、子供の病気、健康安全祈願の地蔵としても信仰されています。
住所:千葉県君津市西日笠 
TEL:0439-56-1241011-511-8000
夫婦木神社
樹齢1000年といわれる栃の木が参拝者に”神木”として崇められてきた神社です。
武田信玄の時代から、この神木に祈れば、カップルには縁結び、夫婦は夫婦和合・子宝に恵まれるとの評判があります。
住所:山梨県甲府市御岳町
HP:http://homepage2.nifty.com/meotogi/
TEL:0552-87-2020
水天宮
日本橋蛎殻町で、安産祈願子授けで親しまれてきた東京水天宮。もともと福岡県久留米市において、その昔、久留米の鎮守様として祀られてきました。江戸時代、第九代藩主頼徳公の時、三田は赤羽根の有馬藩上屋敷に分祀され、以来、庶民の信仰を集め、明治5(1871)年、現在の地に移り、全国のみならず海外からも大勢の参拝客で賑わってきました。
 
住所:東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目4番1号
電話 03(3666)7195

若宮八幡宮金山神社
子宝神社として、地元で有名な神社で、男性のシンボルの像があります。子授け、夫婦円満の神、エイズの御守りなど、性神として信仰を集めている
 
住所:神奈川県川﨑市川崎区大師駅前2-13-16
電話 044-222-3206

大宮八幡宮
「東京のへそ」として1000年の歴史を誇る。御祭神に親子三神をおまつりすることから、幸せ子育て・安産縁結び・厄除開運の八幡さまとして親しまれています。
住所:東京都杉並区大宮2-3-1
電話 03-3311-0105

子安地蔵
子安地蔵は、安産祈願の地蔵としてはもちろん、子供の病気、健康安全祈願の地蔵としても信仰されています。
住所:千葉県君津市西日笠 
TEL:0439-56-1241011-511-8000

 
大沢香取神社
越谷・香取神社では、木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)を合祀しております。大神は安産子授けの神様として広く信仰されております。神様のご加護により出産という大事を無事に成就され、親子ともども健やかでありますようにと、安産のご祈祷を行っております。
住所:埼玉県越谷市大沢3-13-38
HP:http://www16.ocn.ne.jp/~katori/annzannkigann.html
電話(048)975-7824

雨引観音
延命観世音菩薩- の御誓願は、ひとびとの病気を癒し、延命長寿を与えたまう息災延命の本願に住し玉いますので、安産子育・やくよけ延命の祈願の効験、ことにあらたかであるといわれております。
住所:茨城県
HP:http://www.amabiki.or.jp/index.htm
電話0296-58-5009

日光二荒山神社
『子種石』と云う石があり、古来より安産子授けの霊験はことの他著しく、お子様のいない方には儲子の霊験があり、妊娠中の方は必ず安産するとして、篤い信仰を受けてるらしいです。
この御守には実際に聖地の御石が入れられております。
男性は青、女性は赤の御守りを常に帯持されますようお願い致します。
尚、儲子安産されましたら奉告書にご記入の上、返納して頂くようです。。
HP:http://www.futarasan.jp/cgi-bin/imgsys/image_c.cgi?134

住所: 栃木県日光市山内2307
TEL:(0288)54-0535


延台寺
子供に恵まれなかったところから持仏の虎池弁財天に祈願したところ、夢枕に弁天様が立たれ、
「願いは叶う」とのお告げ。目が覚めてみると、枕元に小さな石があったそうです。

この石を弁天様のお告げとして大切に仏間に安置してお経を上げていると、お内儀が身ごもり、
安元元年(1175年)正月玉のような女の子を授かりました。
長者はこの子に弁天様と生まれた日にちなみ、「虎」と名付けました。
さて、虎女誕生のもととなった石は大切にされましたが、不思議なことに、虎女とともに大きくなり、
「生きている石」安産子授けの御霊石として崇められ、屋敷の中に祠を作って奉られました。また、
虎女こそ、後に舞の名手、虎御前となるのです。
住所:神奈川県中郡大磯町大磯1054
電話 :0463-61-0742

子之神社
神話によれば、181人の御子をお儲けになられたと言う子福の神。そのような由来からか、古くより『子之大明神』と称せられ、また『関東最古 子授け子育ての神』と云われ、子授け子育ての祈願が盛んであり、遠方よりの祈願者も数多く訪れます。
 
HP:http://okuni-konomiya.sakura.ne.jp/
住所: 神奈川県足柄下郡湯河原町福浦129
TEL:044-944-2021